大量調理を自動化したい企業のための業務用釜専門メディア「釜専」

業務用回転釜の機能

給食センターや社員食堂、食品加工工場など、さまざまな施設で利用されている業務用回転釜。機能も豊富で、幅広い調理に対応できる場合が多いです。このページでは、業務用回転釜の基本的な機能に加えて、あると利便性が上がる機能を紹介しています。

業務用釜選びで失敗しないコツは、自社の調理内容に合った機能を持つ回転釜を選ぶことなので、どのような機能があるのか事前に知っておきましょう。

業務用釜にあると便利な機能

業務用回転釜は、これまで手作業で行っていた調理を自動化できるとても便利な機械ですが、より細かい機能を加えることでさらに利便性を上げられる場合も多くあります。ここでは、業務用回転釜にオプション追加すべき便利な機能を紹介します。

水量ゲージ

水量ゲージとは、内釜に立てて水量を計測できるゲージです。調理工程で水を追加する必要がある場合など、調理中に水量のチェックが求められるケースに適しています。内釜の目盛り刻印が摩耗している場合や、調理中に内釜の目盛りを計測しづらい場合でも水量の計測が可能になります。

排水弁

排水弁とは、内釜の液体をワンタッチで排水できる弁です。調理中に発生する野菜の水分や肉類のドリップを簡単に除去することができます。排水弁の設置場所は製品によって異なるため、事前にしっかり確認しておきましょう。

二段式屈折蓋

二段式屈折蓋とは、名前の通り二段階に屈折する蓋です。蓋が釜の上部に留まる構造で、蓋を取り外さずに開閉できるようになります。回転釜を開閉する際に蓋を別の場所に置く手間がかからず、蓋に付いた水滴が床に流れてしまうことを防止できます。

ステンレス脚

ステンレス脚とは、蒸気釜本体に装着できる脚です。ステンレス製は強度が高く、洗浄しやすい点がメリットです。ステンレス脚を利用すれば、業務用回転釜を床やテーブルに直接置く必要がなくなります。高さも調整できるため、調理者の身長に合わせて釜の高さを変更可能です。

上下冷却

上下冷却とは、料理を加熱した後、そのままの状態で冷却できる機能です。釜本体を移し替える必要がないため、作業工程の省力化や業務効率化に寄与します。そのまま冷却できることから、サラダや和え物などのメニューを作る際にも適しています。

両面ハンドル

両面ハンドルとは、釜本体の前後から回転できるようにするハンドルです。後部からも釜本体を回せるため、作業スペースの効率化が実現できます。回転釜を設置できる場所やスペース、レイアウトの制約がある厨房・施設に適しています。

当サイトでは全25社の中から、テスト調理・アフターサービスに対応している釜メーカーを目的別で紹介しています。業務用釜メーカーの導入を検討しているのであれば、自社の目的に合わせて業務用釜メーカーを選びましょう。

テスト調理・アフターサービスに対応!
用途で選ぶ業務用釜メーカー2選

編集チームのまとめ

業務用回転釜は、メーカーによって搭載されている機能が異なります。一つの機能をとっても、標準装備されている製品もあれば、オプションとして提供されている場合もあります。欲しい機能がある時は、オプションでの追加の可否も含め、釜の仕様をチェックしておきましょう。

ただし、釜の種類によってはオプションを追加できないなど、対応の可否が異なる場合もあるので、もし気になる機能を見つけた際は、メーカーに直接問い合わせることをおすすめします。

25社から厳選!
用途で選ぶ業務用釜メーカー2選
業務用釜メーカー25社の中で、小中規模・大規模な釜を扱っているメーカーの中で最も製品数を取り扱っているメーカー2社をご紹介します。自社の調理内容に合った業務用釜メーカーを確認してみましょう。
小・中規模の
釜を選ぶなら
(10L~500L)
服部工業株式会社
服部工業株式会社
引用元:服部工業公式HP(https://www.hattorikogyo.com/)
  • 釜のラインナップだけでなく内釜の種類も豊富なため、自社の調理に適した釜を導入でき、理想に近い味を再現できる
  • 創業から138年、累計回転釜出荷台数世界No.1※1の実績をもつ、信頼ができる老舗釜メーカー
サポート内容
  • 釜・炊飯器の保証期間2年、修理・保証6ヶ月
  • 全国80社以上と連携し、テクニカル講習を受けているアフターサービスエージェントを配置
テスト調理の
可否

公式HPで服部工業の
汎用性が高い釜を詳しくみる

服部工業の特徴を
もっと詳しくみる

大規模の
釜を選ぶなら
(550L~10,000L)
株式会社カジワラ
株式会社カジワラ
引用元:カジワラ公式HP(https://www.kajiwara.co.jp/)
  • 蒸気+IHの特殊仕様で、チャーハンやあんこ作りに特化した釜や、缶体容積100,000Lの巨大釜を販売
  • 大規模な機械化を得意とし、生産ラインのご相談からメンテナンスまで一貫して依頼できる
サポート内容
  • 定期的にメンテナンス教室を実施し、機械の修理方法などをレクチャー
  • 全国9カ所に事業所あり
テスト調理の
可否

公式HPでカジワラの
大型釜を詳しくみる

カジワラの特徴を
もっと詳しくみる

※1 2023年12月25日調査時点
参照元:服部工業公式HP(https://www.hattorikogyo.com/business/chubo.html)

※選定基準
2023年12月25日時点で「業務用釜メーカー」で検索した際、上位19社を調査し、各規模で最も多い会社を選出
・小・中規模…服部工業 小中規模向けの製品のHPでの掲載数が最も多い
・大規模…カジワラ 最も容積の多い釜を扱っており、大規模向けの製品のHPでの掲載数が最も多い