大量調理を自動化したい企業のための業務用釜専門メディア「釜専」

業務用回転釜・撹拌機の価格

調理工程の自動化に寄与する業務用回転釜。業務用釜メーカーの多くは公式HPに価格の記載がないため、気になっている方も多いのではないでしょうか。このページでは、業務用回転釜の価格相場や導入効果について解説しています。

業務用回転釜の価格相場はどれくらい?

業務用釜の価格は、メーカーや釜の材質、容積、サイズ、機能などにより幅広く設定されています。参考までに編集チームで業務用釜の価格相場を「価格.com」で、調査※したところ、227,725円(税込)~7,335,460円(税込)と幅広い価格帯で販売されていることが分かりました。

最安値の回転釜の容積は36L、アルミ製のガス回転釜、最高値の回転釜の容積は110L、材質不明のIH回転釜です。回転釜本体の容積はもちろんですが、熱源によっても価格変動があることが予想されます。ただ、業務用回転釜の価格は、公式HPに記載されていないことが多いため、正確な金額や対応できるレシピを詳しく知りたい場合は直接メーカーに問い合わせてみるとよいでしょう。

※2023年3月3日に「価格.com」で「回転釜」と検索して出てきた新品の業務用回転釜のうち、最安値と最高値の製品を調べました。
参照元:価格.com(https://search.kakaku.com/%E5%9B%9E%E8%BB%A2%E9%87%9C/?sort=priceb)

業務用釜の導入効果

人手不足を解消

業務用回転釜を導入すれば、人手不足の解消に繋がる可能性があります。一度にまとめて調理できるため、調理工程の省力化や効率化、工数削減を実現できます。調理も自動化されることで、スタッフの負担軽減にも繋がるでしょう。

作業環境を改善

業務用回転釜の導入効果として、作業環境の改善も期待できます。業務用回転釜は、低輻射機器をはじめ、さまざまな機能をもつ製品があります。自社の厨房や施設に合わせて業務用釜の種類を選ぶ必要はあるものの、作業環境を整えることで、きつい・汚い・危険など現場の課題解決・改善に繋がります。

衛生管理

温度や時間などの衛生環境を整え、HACCP(ハサップ)への対応に寄与します。HACCPは、原料の入荷から製品の出荷に至る工程において、危険要素を排除し、安全を確保する手法のことです。
HACCP対応の業務用回転釜であれば、調理中の温度を自動で記録したり、衛生管理における業務の効率化と安全に貢献できるでしょう。

品質の維持

安定した味付けができるなど、クオリティの維持にも業務用回転釜が役立ちます。温度や時間はもちろん、製品によっては撹拌スピードも設定可能なため、料理・食品加工の仕上がりを均一化できます。
業務用回転釜を使用することで、「調理者によって味が違う」「作れる人が一人しかいない」などといった事態を避けられる点も大きなメリットです。

当サイトでは全25社の中から、テスト調理・アフターサービスに対応している釜メーカーを目的別で紹介しています。業務用釜メーカーの導入を検討しているのであれば、自社の目的に合わせて業務用釜メーカーを選びましょう。

テスト調理・アフターサービスに対応!
用途で選ぶ業務用釜メーカー2選

編集チームのまとめ

業務用回転釜の価格は、回転釜本体の機能やサイズ、メーカーなどにより、さまざまです。「導入コストを抑えれるから」「高機能な回転釜なら困らないだろうから」などといった安易な理由で業務用釜メーカーを選ぶのではなく、自社の調理を確実に再現できる回転釜を正しく選ぶことが重要です。

ただ、回転釜の価格は、直接メーカーに問い合わせてみないと分からないことが多いため、まずはメーカーの特徴を掴むことから始めましょう。気になる企業が見つかったら資料請求やテスト調理を行い、各メーカーのプロがおすすめしてくれた製品を比較検討することをおすすめします。

業務用回転釜は、人手不足の解消や作業環境の改善に繋がるだけでなく、衛生管理の負担が軽減され、クオリティの維持も可能になります。ぜひ、業務用回転釜の導入を前向きに検討してはいかがでしょうか。

25社から厳選!
用途で選ぶ業務用釜メーカー2選
業務用釜メーカー25社の中で、小中規模・大規模な釜を扱っているメーカーの中で最も製品数を取り扱っているメーカー2社をご紹介します。自社の調理内容に合った業務用釜メーカーを確認してみましょう。
小・中規模の
釜を選ぶなら
(10L~500L)
服部工業株式会社
服部工業株式会社
引用元:服部工業公式HP(https://www.hattorikogyo.com/)
  • 釜のラインナップだけでなく内釜の種類も豊富なため、自社の調理に適した釜を導入でき、理想に近い味を再現できる
  • 創業から138年、累計回転釜出荷台数世界No.1※1の実績をもつ、信頼ができる老舗釜メーカー
サポート内容
  • 釜・炊飯器の保証期間2年、修理・保証6ヶ月
  • 全国80社以上と連携し、テクニカル講習を受けているアフターサービスエージェントを配置
テスト調理の
可否

公式HPで服部工業の
汎用性が高い釜を詳しくみる

服部工業の特徴を
もっと詳しくみる

大規模の
釜を選ぶなら
(550L~10,000L)
株式会社カジワラ
株式会社カジワラ
引用元:カジワラ公式HP(https://www.kajiwara.co.jp/)
  • 蒸気+IHの特殊仕様で、チャーハンやあんこ作りに特化した釜や、缶体容積100,000Lの巨大釜を販売
  • 大規模な機械化を得意とし、生産ラインのご相談からメンテナンスまで一貫して依頼できる
サポート内容
  • 定期的にメンテナンス教室を実施し、機械の修理方法などをレクチャー
  • 全国9カ所に事業所あり
テスト調理の
可否

公式HPでカジワラの
大型釜を詳しくみる

カジワラの特徴を
もっと詳しくみる

※1 2023年12月25日調査時点
参照元:服部工業公式HP(https://www.hattorikogyo.com/business/chubo.html)

※選定基準
2023年12月25日時点で「業務用釜メーカー」で検索した際、上位19社を調査し、各規模で最も多い会社を選出
・小・中規模…服部工業 小中規模向けの製品のHPでの掲載数が最も多い
・大規模…カジワラ 最も容積の多い釜を扱っており、大規模向けの製品のHPでの掲載数が最も多い