大量調理を自動化したい企業のための業務用釜専門メディア「釜専」
調理を自動化できる業務用釜専門メディア「釜専」 » 【業界別】業務用釜の導入事例 » 飲食業界で使える業務用釜の事例

飲食業界で使える業務用釜の事例

飲食業界では、業務用釜を上手く利用することで、労力の削減や効率化が期待できます。お店に導入したいと考えているオーナーも多いのではないでしょうか。また、業務用釜にも様々な種類があり、どの釜を導入するべきか迷うかもしれません。ここでは、業務用釜を導入した飲食業界の事例と釜の種類を紹介します。導入イメージを明確にするために、ぜひ参考にしてください。

飲食業界にはどんな釜が必要?

飲食業界といっても、調理内容は様々です。当然、選ぶべき釜は異なります。炒め物なら、ネオサス、スーパータフ、または鋳鉄内釜のガス釜がいいでしょう。煮物も回転釜に適した調理です。対流が発生することで食材や良く混ざり、味が均一に仕上がります。揚げ物は、引火の危険性があるため、フライ専用の釜が必要です。茹で物・蒸し物は、ボイラー設備があれば蒸気釜で調理できます。料理に合わせて最適な釜を選びましょう。

飲食業界の導入事例

飲食業界では、どのような釜が導入されているのでしょうか。ここでは、実際に回転釜を導入して活用している飲食業界の導入事例と釜を2つ紹介します。

服部工業株式会社(攪拌機組み合わせ回転釜 NH1)

服部工業の攪拌機組み合わせ回転釜の画像
引用元:服部工業公式HP(https://www.hattorikogyo.com/product_search/jidotairyochori/item_8)

製品の詳細

製品名 カスタマイズ攪拌機 NH1(首振り式)
品番 NH1-40・75
寸法 公式サイトに記載なし
熱源 公式サイトに記載なし
容量 公式サイトに記載なし
用途 汁物、炒め物、スープ、ジャム、ソース、クリーム、あんこ、和え物など

製品の特徴

ガス回転釜や蒸気回転釜に取り付けられる撹拌機です。熱源・釜モデル(型式)・サイズ・内釜材質・攪拌機をカスタマイズで組み合わせられます。天井の低い厨房に最適。ラーメン店では、攪拌作業が大変なためにスタッフが定着しないという課題がありました。まぜそば具材の調理に導入したところ、シンプルな操作性で一日400kgの調理も楽になったと高い評価を得ています。いろいろな回転釜と組み合わせができるので、ニーズにぴったりの一台を導入することが可能です。

参照元:服部工業公式HP( https://www.hattorikogyo.com/product_search/jidotairyochori/item_8" target="_blank" rel="nofollow noopener">カスタマイズ攪拌機 NH1(首振り式)

服部工業株式会社(ガス回転炒め機 CHAO)

服部工業のガス回転炒め機の画像
引用元:服部工業公式HP(https://www.hattorikogyo.com/pickup/ramen.html)

製品の詳細

製品名 ガス回転炒め機 CHAO
品番 公式サイトに記載なし
寸法 公式サイトに記載なし
熱源 公式サイトに記載なし
容量 10kg~30kg
用途 炒め物

製品の特徴

炒飯など炒め物の大量調理をすると、水っぽくなりがちです。そんな大量調理の自動化を目指す際に検討したいのが、回転式調理器。中華鍋と同じ素材である「鉄」で作られた内釜が自動で回転します。内釜には羽がついているため、回転にあわせて攪拌されていく仕組みです。空気を取り込みながら、中華鍋をふるって調理したような炒め物を再現できます。一度に10~30kgの炒め物が可能。調理したい量に合わせて3サイズ用意されています。また回転速度の調整も可能。調理内容に合う仕上がりに調整できます。

参照元:服部工業公式HP(ラーメン店のコスト削減におすすめの製品

編集チームのまとめ

飲食店での回転釜の導入事例には、ラーメン店などで必要な攪拌や炒め物への活用がありました。大量の攪拌調理は、それだけで重労働。スタッフの負担となり、人員が安定しない原因にもなりかねません。回転釜を導入すれば、調理の負担が大きく減ります。業務の効率化はもちろん、提供スピードや量、質も安定し、業務拡大にもつながるでしょう。

調理内容に合った調理釜を導入することが大切です。悩んだ際は、メーカーに相談すれば、ぴったりの釜を提案してくれます。当サイトでは、回転釜のメーカーを紹介しています。大量調理に導入する回転釜選びの参考にしてください。

テスト調理・アフターサービスに対応!
用途で選ぶ業務用釜メーカー2選

【特集】厨房の人手不足を解決できる!

服部工業のキャプチャ画像
引用元:服部工業公式HP
(https://www.hattorikogyo.com/)

人手不足やランニングコストの削減など、大量調理を行う厨房の課題を解消できる服部工業を紹介しています。

25社から厳選!
用途で選ぶ業務用釜メーカー2選
業務用釜メーカー25社の中で、小中規模・大規模な釜を扱っているメーカーの中で最も製品数を取り扱っているメーカー2社をご紹介します。自社の調理内容に合った業務用釜メーカーを確認してみましょう。
小・中規模の
釜を選ぶなら
(10L~500L)
服部工業株式会社
服部工業株式会社
引用元:服部工業公式HP(https://www.hattorikogyo.com/)
  • 釜のラインナップだけでなく内釜の種類も豊富なため、自社の調理に適した釜を導入でき、理想に近い味を再現できる
  • 創業から138年、累計回転釜出荷台数世界No.1※1の実績をもつ、信頼ができる老舗釜メーカー
サポート内容
  • 釜・炊飯器の保証期間2年、修理・保証6ヶ月
  • 全国80社以上と連携し、テクニカル講習を受けているアフターサービスエージェントを配置
テスト調理の
可否

公式HPで服部工業の
汎用性が高い釜を詳しくみる

服部工業の特徴を
もっと詳しくみる

大規模の
釜を選ぶなら
(550L~10,000L)
株式会社カジワラ
株式会社カジワラ
引用元:カジワラ公式HP(https://www.kajiwara.co.jp/)
  • 蒸気+IHの特殊仕様で、チャーハンやあんこ作りに特化した釜や、缶体容積100,000Lの巨大釜を販売
  • 大規模な機械化を得意とし、生産ラインのご相談からメンテナンスまで一貫して依頼できる
サポート内容
  • 定期的にメンテナンス教室を実施し、機械の修理方法などをレクチャー
  • 全国9カ所に事業所あり
テスト調理の
可否

公式HPでカジワラの
大型釜を詳しくみる

カジワラの特徴を
もっと詳しくみる

※1 2023年12月25日調査時点
参照元:服部工業公式HP(https://www.hattorikogyo.com/business/chubo.html)

※選定基準
2023年12月25日時点で「業務用釜メーカー」で検索した際、上位19社を調査し、各規模で最も多い会社を選出
・小・中規模…服部工業 小中規模向けの製品のHPでの掲載数が最も多い
・大規模…カジワラ 最も容積の多い釜を扱っており、大規模向けの製品のHPでの掲載数が最も多い