大量調理を自動化したい企業のための業務用釜専門メディア「釜専」

業務用回転釜用ウォームギア

業務用にあらたに機器を導入する際、機器の機能はもちろん、各部品の役割や特徴を知っておくべきです。問題が起きたときに対処しやすくなったり、日頃のケアで注意すべき点がわかったり、知識があるだけで機器の寿命が長くなり、さらに安全性も高まります。ここでは、業務用回転釜の部品のひとつであるウォームギアについて説明します。業務用回転釜の導入を検討している、あるいはすでに導入済の方も一度チェックしてみてください。

ウォームギアとは

ウォームギアとは、業務用回転釜を回転させるハンドルについているギアのことです。業務用回転釜を正常に機能させるうえで非常に重要な役割を果たしています。

経年劣化によってハンドルにガタツキが生じたり、ハンドル動作が重くなるのは、このウォームギアが関係している可能性が高く、業者や購入元に見てもらったほうがいいでしょう。

ウォームギアの不備による影響

ウォームギアの不備は、業務用回転釜をまわすハンドルが重くなったり、ガタついて安定した動作ができなくなったり、ハンドルが外れてしまうなどのリスクがあります。

ハンドルが重くなる程度であれば、機能的にはそれほど問題ないように思えるかもしれません。

しかし、調理中にハンドルが外れてしまった場合は大きな事故になり得るので、動作に不具合が確認できた場合は、できるだけはやくメンテナンスしてもらったほうがいいでしょう。

業務用回転釜のウォームギアの点検方法

ウォームギアの点検は、ストッパーが問題なく動作するか、ハンドルにガタツキはないか、動作において金属音や不快な異音はないかといった点をチェックしてください。正常なウォームギアであれば、ガタツキや異音はありません。これらの点を日頃から意識していれば、大事故を防げる可能性が高まります。

ちなみに、ウォームギアの寿命を伸ばすための方法として、逆方向に回転させるのも有効な手段です。

点検のため、分解して内部を確認するのは絶対にやめてください。内部を傷つけて破損に繋がる可能性があるほか、正常に動作しなくなる可能性もあります。ウォームギア以外も首里が必要になり、高額な費用がかかるかもしれません。

気になる点がある場合は、自分で分解せずに必ず業者や購入元に確認してください。グリスやマシンオイルを塗る程度で改善できる場合もあります。

業務用回転釜のお手入れ方法を
詳しくみる

編集チームのまとめ

ウォームギアは、業務用回転釜において非常に重要な部品です。違和感を残したまま使用し続けると大事故につながる可能性があるので注意が必要です。

ただ、ハンドルが重くなる、異音がするなど、不備や経年劣化に気づきやすい部品ではあるので、なにか気になる点があるときは、業者や購入元に確認してください。

テスト調理・アフターサービスに対応!
用途で選ぶ業務用釜メーカー2選

25社から厳選!
用途で選ぶ業務用釜メーカー2選
業務用釜メーカー25社の中で、小中規模・大規模な釜を扱っているメーカーの中で最も製品数を取り扱っているメーカー2社をご紹介します。自社の調理内容に合った業務用釜メーカーを確認してみましょう。
小・中規模の
釜を選ぶなら
(10L~500L)
服部工業株式会社
服部工業株式会社
引用元:服部工業公式HP(https://www.hattorikogyo.com/)
  • 釜のラインナップだけでなく内釜の種類も豊富なため、自社の調理に適した釜を導入でき、理想に近い味を再現できる
  • 創業から138年、累計回転釜出荷台数世界No.1※1の実績をもつ、信頼ができる老舗釜メーカー
サポート内容
  • 釜・炊飯器の保証期間2年、修理・保証6ヶ月
  • 全国80社以上と連携し、テクニカル講習を受けているアフターサービスエージェントを配置
テスト調理の
可否

公式HPで服部工業の
汎用性が高い釜を詳しくみる

服部工業の特徴を
もっと詳しくみる

大規模の
釜を選ぶなら
(550L~10,000L)
株式会社カジワラ
株式会社カジワラ
引用元:カジワラ公式HP(https://www.kajiwara.co.jp/)
  • 蒸気+IHの特殊仕様で、チャーハンやあんこ作りに特化した釜や、缶体容積100,000Lの巨大釜を販売
  • 大規模な機械化を得意とし、生産ラインのご相談からメンテナンスまで一貫して依頼できる
サポート内容
  • 定期的にメンテナンス教室を実施し、機械の修理方法などをレクチャー
  • 全国9カ所に事業所あり
テスト調理の
可否

公式HPでカジワラの
大型釜を詳しくみる

カジワラの特徴を
もっと詳しくみる

※1 2023年12月25日調査時点
参照元:服部工業公式HP(https://www.hattorikogyo.com/business/chubo.html)

※選定基準
2023年12月25日時点で「業務用釜メーカー」で検索した際、上位19社を調査し、各規模で最も多い会社を選出
・小・中規模…服部工業 小中規模向けの製品のHPでの掲載数が最も多い
・大規模…カジワラ 最も容積の多い釜を扱っており、大規模向けの製品のHPでの掲載数が最も多い