大量調理を自動化したい企業のための業務用釜専門メディア「釜専」

日本調理機株式会社

学校給食や社員食堂、飲食店など、幅広い分野で厨房のトータルコーディネートを手がけている日本調理機。取り扱っている調理機器の種類も多種多様で、回転釜もさまざまなタイプが揃っています。
ここでは、日本調理機の特徴やサポート体制、導入事例などについてご紹介します。

日本調理機株式会社の特徴

多種多様な回転釜を揃える

日本調理機株式会社では、多種多様な回転釜をラインナップしています。各施設の厨房に合わせて選ぶことが可能です。スタンダードなガス式の回転釜は、平らな形状が特徴で給食センターから社員食堂まで幅広い厨房にマッチ。煙突構造を取り入れた低環境負荷低輻射タイプも取り扱っています。

電気回転釜は電化厨房向きで、熱伝導率のよいアルミ釜を採用することで、温度差による調理ムラを少なくしています。他にも、大量調理に適した蒸気回転釜も取り扱っています。

他の調理機器も多数取り扱う

回転釜以外の調理機器もラインナップが豊富な日本調理機。例えば、マイコン制御によるフードスライサーや、大量の野菜をみじん切りにできるフードカッターなどを取り扱っています。ソースをスピーディに作成できるミキサーや、炊きあがりをコントロールできる立体炊飯器などもラインナップ。

他にも、消毒・洗浄に関する機器を豊富に取り揃えています。回転釜以外にも導入したい設備・機器があるのであれば、日本調理機へ相談してみるとよいでしょう。

企画からアフターまで一貫対応

日本調理機は、厨房のトータルコーディネートに対応しています。厨房におけるコンサルティング・プランニングはもちろん、厨房機器の選定や提案、空間のデザイン設計も対応。調理機器の施工や設置後のアフターサービスまで、自社で一貫対応できる体制を構築しています。

特にアフターサービスは力を入れており、研修を経たエンジニアを全国に配置。これにより、きめ細かなサポートの提供を可能にしています。

日本調理機株式会社のサポート体制

ここでは、大量調理機器のメーカーを選ぶ際に重要な、テスト調理とアフターサービスについてまとめています。日本調理機の製品を検討している方は、自社に必要なサポートが揃っているか事前に確認しておきましょう。

テスト調理の可否
アフターサービス 研修を経たカスタマーエンジニアを全国に配置

業務用釜メーカー選びでは、テスト調理とアフターサービスに対応しているメーカーを選ぶことが、とても大切です。当サイトで紹介している業務用釜メーカー全25社の中から、テスト調理・アフターサービスに対応している釜メーカーを目的別で紹介しています。業務用釜の導入を検討しているのであれば、自社の目的に合わせて業務用釜メーカーを選びましょう。

テスト調理・アフターサービスに対応!
用途で選ぶ業務用釜メーカー2選

日本調理機株式会社の釜でできるレシピ例

  • 肉団子の中華煮
  • ラタトゥイユ
  • ひっつみ
  • ほうとう
  • など

日本調理機株式会社の導入事例

大田区立志茂田中学校(東京都)

低輻射ガス回転釜

※公式HPに記載がある事例の特徴を引用しています。

引用元:日本調理機公式HP(https://www.nitcho.co.jp/casestudy/)

親子方式、アレルギー食調理対応、低輻射ガス回転釜、トラックイン食器消毒保管機、テーブルタイプ食器消毒保管機

丸紅株式会社7階〇Café(東京都)

社員食堂、ベーカリーカフェ併設、デリコーナー設置、かきあげ食器洗浄機、トレイバックシステム、ウォールマウント回転釜

※公式HPに記載がある事例の特徴を引用しています。

参照元:日本調理機公式HP(https://www.nitcho.co.jp/casestudy/kyoshoku/)

導入実績がある業界

  • 給食
  • ダイニング
  • 医療

【業界別】
業務用釜の導入事例をみる

編集チームのまとめ

日本調理機は、厨房の企画提案から調理機器のアフターサポートまで、ワンストップで対応しています。空間のコーディネートも可能ですので、厨房や施設の新設・リニューアルを検討中であれば、一度ご相談してみてはいかがでしょうか。豊富なノウハウを持つプロによる提案を受けられるでしょう。

日本調理機は、取り扱っている調理機器のバリエーションも多彩です。回転釜もガス・電気・蒸気など、さまざまなタイプを取り揃えています。導入する回転釜の種類で迷っている、決めかねている、という場合でも日本調理機に相談してみるとよいでしょう。

日本調理機株式会社の概要

会社名 日本調理機株式会社
所在地 東京都大田区東六郷3-15-8
電話番号 03-3738-8251
公式HP https://www.nitcho.co.jp/
25社から厳選!
用途で選ぶ業務用釜メーカー2選
業務用釜メーカー25社の中で、小中規模・大規模な釜を扱っているメーカーの中で最も製品数を取り扱っているメーカー2社をご紹介します。自社の調理内容に合った業務用釜メーカーを確認してみましょう。
小・中規模の
釜を選ぶなら
(10L~500L)
服部工業株式会社
服部工業株式会社
引用元:服部工業公式HP(https://www.hattorikogyo.com/)
  • 釜のラインナップだけでなく内釜の種類も豊富なため、自社の調理に適した釜を導入でき、理想に近い味を再現できる
  • 創業から138年、累計回転釜出荷台数世界No.1※1の実績をもつ、信頼ができる老舗釜メーカー
サポート内容
  • 釜・炊飯器の保証期間2年、修理・保証6ヶ月
  • 全国80社以上と連携し、テクニカル講習を受けているアフターサービスエージェントを配置
テスト調理の
可否

公式HPで服部工業の
汎用性が高い釜を詳しくみる

服部工業の特徴を
もっと詳しくみる

大規模の
釜を選ぶなら
(550L~10,000L)
株式会社カジワラ
株式会社カジワラ
引用元:カジワラ公式HP(https://www.kajiwara.co.jp/)
  • 蒸気+IHの特殊仕様で、チャーハンやあんこ作りに特化した釜や、缶体容積100,000Lの巨大釜を販売
  • 大規模な機械化を得意とし、生産ラインのご相談からメンテナンスまで一貫して依頼できる
サポート内容
  • 定期的にメンテナンス教室を実施し、機械の修理方法などをレクチャー
  • 全国9カ所に事業所あり
テスト調理の
可否

公式HPでカジワラの
大型釜を詳しくみる

カジワラの特徴を
もっと詳しくみる

※1 2023年12月25日調査時点
参照元:服部工業公式HP(https://www.hattorikogyo.com/business/chubo.html)

※選定基準
2023年12月25日時点で「業務用釜メーカー」で検索した際、上位19社を調査し、各規模で最も多い会社を選出
・小・中規模…服部工業 小中規模向けの製品のHPでの掲載数が最も多い
・大規模…カジワラ 最も容積の多い釜を扱っており、大規模向けの製品のHPでの掲載数が最も多い