大量調理を自動化したい企業のための業務用釜専門メディア「釜専」

給食業界で使える業務用釜の事例

数10人~数100人分の料理を一度に作る給食業界。スピーディに大量の料理を作らなくてはいけないため、効率が求められます。業務用回転釜は、さまざまな料理を作ることができるうえ、調理工程の効率化・自動化を可能にします。調理の効率化や自動化でお悩みなら、業務用回転釜の導入を検討してはいかがでしょうか。

ここでは、給食業界における業務用回転釜の導入事例や給食業界に必要な回転釜のポイントをご紹介します。

給食業界にはどんな釜が必要?

給食業界において、調理の効率化などに寄与する業務用回転釜。導入する際は、汎用性の高さを重視して選ぶことが求められます。給食は、基本的に毎日違うメニューを作らなくてはいけません。しかし、調理内容に合わせて調理機器を使用する場合、機器の洗浄などの手間が増えるだけでなく、導入コストも高くなってしまいます。

そのため、一つで幅広い調理に対応できる汎用性が高い回転釜を選ぶことが重要です。

給食では、食中毒を発生させてはいけません。徹底した衛生管理が求められるため、温度を自動で記録できるなど、HACCP対応の回転釜であることも重要になります。回転釜を比較する際は、安全面・衛生面にどのような強みがあるのかしっかりとチェックしておきましょう。

給食業界の導入事例

当サイトで紹介しているメーカーの中から、給食業界で使える釜・撹拌機のレシピ動画や導入実績を公式HPに掲載している企業を紹介します。給食業界で回転釜の導入を検討している場合は、参考にしてください。

服部工業株式会社(蒸気回転釜 RHST)

服部工業の蒸気回転釜の画像
引用元:服部工業公式HP(https://www.hattorikogyo.com/case.html)

製品の詳細

製品名 蒸気回転釜 RHST
品番 RHST-18・20・22・23・25・30・32・35・38
寸法 幅:1,323〜1,874mm、奥:636〜1,158mm、高:1,600mm〜2,350mm
熱源 蒸気
容量 70~400L
用途 煮物、汁物、スープ、炒め物、茹で物、お湯沸かし

参照元:服部工業公式HP(https://www.hattorikogyo.com/case.html

製品の特徴

RHSTシリーズは、熱伝導率が高いため、給食業界のような大量調理を必要とする厨房で活躍する回転釜です。食材にしっかりと熱が行き渡るため、高い調理性能を有しています。釜容量のラインナップは豊富にあり、70Lのコンパクトサイズから400Lの大容量まで、複数のモデルを取り揃えています。

内釜の材質はステンレスを採用。沸き上がりがスピーディなうえ、焦げ付きにくいというメリットを持っており、煮物や汁物、スープなどはもちろん、炒め物にも適しています

清掃後の排水が飛び散らないように、大量の水が排水されるよう工夫されています。

服部工業株式会社(蒸気回転釜 RHST-LW)

服部工業株式会社の蒸気回転釜の画像
引用元:服部工業公式HP(https://www.hattorikogyo.com/product_search/suzutyu/item_104)

製品の詳細

製品名 低輻射蒸気回転釜 RHST-LW
品番 RHST-100LW・150LW・250LW・350LW
寸法 幅:1,377~1,876±10mm、奥:840~1,278mm、高:1,740~2,350mm
熱源 ガス
容量 100~350L
用途 煮物、汁物、炒め物、スープ、茹で物、お湯沸かし

参照元:服部工業公式HP(https://www.hattorikogyo.com/product_search/suzutyu/item_104

製品の特徴

涼厨モデルのため、空調負荷を低減してくれ、調理スタッフがやけどをしにくいという特徴があります。涼厨モデルによるやけど防止の他に、エプロンガードでも吹きこぼれや やけどの防止ができ、安心して使える工夫がされています。さらに、排水ドローによって、重たい釜を傾けなくても楽に排水が行るのもメリットです。

服部工業株式会社(ガス回転釜 HTK)

服部工業株式会社のガス回転釜の画像
引用元:服部工業公式HP(https://www.hattorikogyo.com/product_search/gas-fixedpot/item_11)

製品の詳細

製品名 Wカットガス回転釜 HTK
品番 HTK-140・190
寸法 幅:1,518~1,603mm、奥:980mm、高:1,880~1,960mm
熱源 ガス
容量 140~190L
用途 煮物、汁物、炒め物、スープ、茹で物、お湯沸かし
参照元:服部工業公式HP(https://www.hattorikogyo.com/product_search/gas-fixedpot/item_11

製品の特徴

空調コストの節約や、ガス代の削減が叶えられるのが最大の特徴です。 ガス消費量は40%以上の削減、CO₂も40%削減でき、カーボンニュートラルの実現が可能です。

日本給食設備株式会社(ガス回転釜 KIG2D型排水ドロー)

日本給食設備のガス回転釜の画像
引用元:日本給食設備公式HP(https://www.nikkyu.co.jp/products/index.php/item?cell003=熱機器&cell004=回転釜(ガス・蒸気・電気・IH)&label=1&name=ガス回転釜 KIG2D型排水ドロー&id=144)

製品の詳細

製品名 ガス回転釜 KIG2D型排水ドロー
品番 KIG2D(X)-10、KIG2D(X)-L40、KIG2DX-10Rほか
寸法 幅:1,240〜1,600mm、奥:715〜1,085mm、高:780〜860mm
熱源 ガス
容量 55〜230L
用途 煮る、炒める、汁物

参照元:日本給食設備公式HP(https://www.nikkyu.co.jp/products/index.php/item?cell003=熱機器&cell004=回転釜(ガス・蒸気・電気・IH)&label=1&name=ガス回転釜 KIG2D型排水ドロー&id=144

製品の特徴

KIG2D型排水ドローは、ガスを熱源に使用する業務用回転釜です。火が消える寸前まで火力を調整可能な新型スリットバーナーを搭載しています。この機能により、微妙な火加減が求められる調理から高火力が必要な調理まで、幅広く対応可能になっています。用途は煮物や炒め物のほか、汁物に適しています。

使用中に火が消えた場合、ガスを遮断する立ち消え安全装置も搭載。燃焼不良やガス漏れなどのトラブルを予防できます。内釜は鋳鉄製とアルミ製から選択可能です。いずれも内部に目盛りが付いており、目視で容量を確認できるようになっています。

編集チームのまとめ

業務用回転釜は、煮物や汁物など多種多様な調理に対応できます。毎日異なる料理を大量に作る給食業界においては、調理の効率化に大きく貢献する可能性があります。複数の調理に対応することで、何種類も調理機器を揃える必要がなくなります。

業務用釜メーカーによっては、数10~数100Lまで幅広いラインナップを取り揃えています。厨房の規模や調理する料理のボリュームに合わせて, 適切な釜を選ぶことが可能です。

当サイトでは全25社の中から、テスト調理・アフターサービスに対応している釜メーカーを目的別で紹介しています。業務用釜メーカーの導入を検討しているのであれば、自社の目的に合わせて業務用釜メーカーを選びましょう。

テスト調理・アフターサービスに対応!
用途で選ぶ業務用釜メーカー2選

25社から厳選!
用途で選ぶ業務用釜メーカー2選
業務用釜メーカー25社の中で、小中規模・大規模な釜を扱っているメーカーの中で最も製品数を取り扱っているメーカー2社をご紹介します。自社の調理内容に合った業務用釜メーカーを確認してみましょう。
小・中規模の
釜を選ぶなら
(10L~500L)
服部工業株式会社
服部工業株式会社
引用元:服部工業公式HP(https://www.hattorikogyo.com/)
  • 釜のラインナップだけでなく内釜の種類も豊富なため、自社の調理に適した釜を導入でき、理想に近い味を再現できる
  • 創業から138年、累計回転釜出荷台数世界No.1※1の実績をもつ、信頼ができる老舗釜メーカー
サポート内容
  • 釜・炊飯器の保証期間2年、修理・保証6ヶ月
  • 全国80社以上と連携し、テクニカル講習を受けているアフターサービスエージェントを配置
テスト調理の
可否

公式HPで服部工業の
汎用性が高い釜を詳しくみる

服部工業の特徴を
もっと詳しくみる

大規模の
釜を選ぶなら
(550L~10,000L)
株式会社カジワラ
株式会社カジワラ
引用元:カジワラ公式HP(https://www.kajiwara.co.jp/)
  • 蒸気+IHの特殊仕様で、チャーハンやあんこ作りに特化した釜や、缶体容積100,000Lの巨大釜を販売
  • 大規模な機械化を得意とし、生産ラインのご相談からメンテナンスまで一貫して依頼できる
サポート内容
  • 定期的にメンテナンス教室を実施し、機械の修理方法などをレクチャー
  • 全国9カ所に事業所あり
テスト調理の
可否

公式HPでカジワラの
大型釜を詳しくみる

カジワラの特徴を
もっと詳しくみる

※1 2023年12月25日調査時点
参照元:服部工業公式HP(https://www.hattorikogyo.com/business/chubo.html)

※選定基準
2023年12月25日時点で「業務用釜メーカー」で検索した際、上位19社を調査し、各規模で最も多い会社を選出
・小・中規模…服部工業 小中規模向けの製品のHPでの掲載数が最も多い
・大規模…カジワラ 最も容積の多い釜を扱っており、大規模向けの製品のHPでの掲載数が最も多い