大量調理を自動化したい企業のための業務用釜専門メディア「釜専」
調理を自動化できる業務用釜専門メディア「釜専」 » 【業界別】業務用釜の導入事例

【業界別】業務用釜の導入事例

煮物や蒸し料理、炒め物などの調理から食品の加工まで、幅広い工程を自動化できる業務用回転釜。業務用回転釜は、給食、食品加工、製菓・製パンの3業界で取り入れられる場合が多いです。しかし、業界や自社の調理内容など、何をどこまで自動化したいかによって、導入するべき業務用釜が異なります。

このページでは、業界別の導入事例へのナビゲーションを設置しています。個別ページでは、業務用釜の製品情報も掲載していますので、自社に近い業界の導入事例を参考にしてみましょう。

当サイトでは全25社の中から、テスト調理・アフターサービスに対応しており、「汎用性」「大容量」「専門性」に優れている釜メーカーを目的別で紹介しています。業務用釜メーカーの導入を検討しているのであれば、自社の目的に合わせて業務用釜メーカーを選びましょう。

テスト調理・アフターサービスに対応!
用途で選ぶ業務用釜メーカー2選

給食業界で使える業務用回転釜の事例

給食業界では、毎日異なるメニューを作成し、かつ一度に大量調理できる調理機器が求められます。業務用釜においては、対応できるメニューの幅を考慮して選ぶことが重要です。特に煮物や汁物、炒め物など、多種多様な料理に対応できる汎用性の高い釜が求められるでしょう。

食中毒のリスクを減らすためには、食品衛生や安全面も重視しなくてはいけません。温度を記録・管理できるHACCPに対応した製品がおすすめといえます。実際に導入しているケースを見ても、汎用性や衛生面を重視していることが伺えます。

給食業界における
業務用回転釜の事例を詳しくみる

食品加工業界で使える業務用回転釜の事例

多種多様な食品を製造する食品加工業界では、自社で取り扱う食品に合った業務用釜を選ぶ必要があります。導入事例を見ても、個々のケースによって使っている業務用釜の傾向が異なります。

業務用釜を選ぶ際は、内釜の材質にも注意しましょう。材質によって調理の向き・不向きが異なるため、何を加工したいのかを明確にすることが大切であるといえます。材質の種類は多岐にわたりますが、ステンレス製の釜は比較的汎用性が高く、幅広い調理に対応可能です。

食品加工業界における
業務用回転釜の事例を詳しくみる

製菓・製パン業界で使える業務用回転釜の事例

製菓・製パン業界は、生クリームやカスタードなど、お菓子の生地を取り扱うため、手作業のような繊細な工程が必要な場合が多くあります。具体的には、細かな温度管理や撹拌スピードの調整が求められます。そのため、温度調整や撹拌方法を微調整できる業務用釜が好まれる傾向にあります。

複数の調理を一台でこなしたい場合は、任意にメニューを登録・変更できる製品だと使い勝手がよいでしょう。

製菓・製パン業界における
業務用回転釜の事例を詳しくみる

和菓子業界で使える業務用回転釜の事例

美味しい和菓子には上質なあんこが欠かせませんが、人の手で美味しいあんこを炊き上げるためにはいい素材と職人の技術が必要になります。しかし近年ではさまざまな業界で後継者不足が叫ばれており、技術承継も大きな課題となっています。
そういった課題を解決する方法には自動調理釜の導入があり、最近では人の手で炊き上げたかのような撹拌ができるものも主流になりつつあります。さまざまなメーカーの調理釜を比較・検討し、ベストな釜選びを行いましょう。

和菓子業界における
業務用回転釜の事例を詳しくみる

飲食業界で使える業務用釜の事例

人手不足の問題が深刻化している飲食業界では、大量に効率よく調理ができる業務用釜の導入がスタンダードになってきています。スタッフの労力が軽減することで、定着率の向上にも役立つでしょう。料理に合わせた釜を採用することで、味や食感などの品質も均一化できます。たとえば炒飯なら鉄製の内釜がついている回転釜で攪拌調理をすることで、中華鍋で調理したような炒飯が作れます。料理に合った調理釜を選ぶことが大切です。

飲食業界における
業務用回転釜の事例を詳しくみる

農産物加工業界で使える業務用釜の事例

農産物にはさまざまな種類があり、そのまま出荷・販売できるケースもあれば、見た目が不揃い、少しだけ傷があるとして出荷できないケースもあります。そこでおすすめしたいのが、農産物を加工として出荷する方法です。加工品を作る手間をできるだけ少なくしながらも、今まで出荷が難しかった農産物を出荷できる状態にしてくれる業務用の釜を見つけましょう。手間をできる限り減らすために、自動で動いてメニューの登録や追加も可能な釜であれば、業務効率も売り上げもアップにつながります。

農産物加工業界における
業務用回転釜の事例を詳しくみる

医療・福祉業界で使える業務用釜の事例

医療や福祉の業界においては、朝・昼・晩と患者さんや利用者さんに対して料理を提供する機会が多いです。大量の料理を人間の手だけで作っていては手間がかかるため、業務用の釜の力を利用するのがおすすめ。自動で撹拌してくれるような釜であれば、人手が少なくても多くの料理を一度に作ることができます。医療・福祉業界で使いやすい業務用の釜を見つけましょう。

医療・福祉業界における
業務用回転釜の事例を詳しくみる

25社から厳選!
用途で選ぶ業務用釜メーカー2選
業務用釜メーカー25社の中で、小中規模・大規模な釜を扱っているメーカーの中で最も製品数を取り扱っているメーカー2社をご紹介します。自社の調理内容に合った業務用釜メーカーを確認してみましょう。
小・中規模の
釜を選ぶなら
(10L~500L)
服部工業株式会社
服部工業株式会社
引用元:服部工業公式HP(https://www.hattorikogyo.com/)
  • 釜のラインナップだけでなく内釜の種類も豊富なため、自社の調理に適した釜を導入でき、理想に近い味を再現できる
  • 創業から138年、累計回転釜出荷台数世界No.1※1の実績をもつ、信頼ができる老舗釜メーカー
サポート内容
  • 釜・炊飯器の保証期間2年、修理・保証6ヶ月
  • 全国80社以上と連携し、テクニカル講習を受けているアフターサービスエージェントを配置
テスト調理の
可否

公式HPで服部工業の
汎用性が高い釜を詳しくみる

服部工業の特徴を
もっと詳しくみる

大規模の
釜を選ぶなら
(550L~10,000L)
株式会社カジワラ
株式会社カジワラ
引用元:カジワラ公式HP(https://www.kajiwara.co.jp/)
  • 蒸気+IHの特殊仕様で、チャーハンやあんこ作りに特化した釜や、缶体容積100,000Lの巨大釜を販売
  • 大規模な機械化を得意とし、生産ラインのご相談からメンテナンスまで一貫して依頼できる
サポート内容
  • 定期的にメンテナンス教室を実施し、機械の修理方法などをレクチャー
  • 全国9カ所に事業所あり
テスト調理の
可否

公式HPでカジワラの
大型釜を詳しくみる

カジワラの特徴を
もっと詳しくみる

※1 2023年12月25日調査時点
参照元:服部工業公式HP(https://www.hattorikogyo.com/business/chubo.html)

※選定基準
2023年12月25日時点で「業務用釜メーカー」で検索した際、上位19社を調査し、各規模で最も多い会社を選出
・小・中規模…服部工業 小中規模向けの製品のHPでの掲載数が最も多い
・大規模…カジワラ 最も容積の多い釜を扱っており、大規模向けの製品のHPでの掲載数が最も多い