大量調理を自動化したい企業のための業務用釜専門メディア「釜専」

農産物加工業界で使える業務用釜の事例

農産物加工業界では、さまざまな農産物を加工して出荷・販売するために、調理釜は必要不可欠です。一度に多くの農産物を加工することができるので、効率よく加工品を生産できるでしょう。ここでは農産物加工業界において欠かせない業務用釜について、メーカー製品の事例を紹介しながら、農産物加工にはどのような釜が必要なのかも一緒に解説していきます。農産物加工用の調理釜をお探しの方は、ぜひ参考にしてください。

農産物加工業界にはどんな釜が必要?

農産物加工における業務用釜の出番は、多岐にわたります。野菜や果物を収穫して生鮮果実として市場に出荷するだけでは、やはり限界があるでしょう。形が悪いもの、不揃いのもの、キズがついているものは、生鮮果実として出荷することはできません。しかしどれも味はそのままで、見た目だけの問題です。

そこで農産物加工が可能な釜を使えば、ジュースやジャム、ピューレ、ゼリー、ケチャップなどに加工して製品化できます。結果的に無駄や廃棄が出ず、食品ロスの削減にも一役買います。また加工品は生鮮果実と異なり一年中販売できるため、これまで厳しかった閑散期の売上が上がり、農園・農家の安定した収入につながります。

しかし問題は、加工品を作るために手間が増えてしまうことです。自動で動く業務用釜であれば、自動で作動しながら加工品を製造してくれます。また温度管理も電動で正しく行うことで、より品質の高い加工品づくりが可能です。

農産物加工業界の導入事例

当サイトで紹介しているメーカーの中から、農産物加工業界で使える釜や撹拌機の中からおすすめの業務用釜を紹介します。農産物加工業界で業務用釜をお探しの方はぜひ参考にしてください。

服部工業株式会社(ヴェスタHEK-VP)

農産物加工業界の導入事例1
引用元:服部工業株式会社公式HP(https://www.hattorikogyo.com/product_search/jidotairyochori/item_2)

製品の詳細

製品名 ヴェスタHEK-VP
品番 HEK-VP40・60・80・100・150・200・300
寸法 幅1044mm×奥957mm×高さ1000/1576m~幅1560mm×奥1148mm×高さ1000/2110mm
熱源 電気
容量 40~300L
用途 煮物・汁物・炒め物・スープ・茹で物・お湯沸かし・ジャム・ソース・クリーム・あんこ・おかゆ

参照元:服部工業株式会社公式HP(https://www.hattorikogyo.com/product_search/jidotairyochori/item_2

製品の特徴

タッチパネルを搭載しており、細かな温度や時間のコントロールが可能なモデル。HACCP対応で、調理データの自動記録ができます。また9つの撹拌プログラムを搭載し、調理物に合わせたプログラムの追加も可能。ほおっておくだけで調理が完了します。同じ量の製造でも、作業時間が大幅に削減できます。

株式会社サンフードマシナリ(回転式蒸気二重釜HC-SP)

農産物加工業界の導入事例1
引用元:株式会社サンフードマシナリ公式HP(https://www.sunfood-m.co.jp/item-agricultural.htm#hc-sp)

製品の詳細

製品名 回転式蒸気二重釜
品番 HC-SP
寸法 公式サイトに記載なし
熱源 電気・ガス
容量 60L・90L・120L・150L・180L・240L
用途 スープ・ジャム・肉・魚などの煮炊

参照元:株式会社サンフードマシナリ公式HP(https://www.sunfood-m.co.jp/item-agricultural.htm#hc-sp

製品の特徴

回転式で出し入れしやすく、スムーズな作業が可能です。スープやジャム、肉類や魚の味付けなどに用いられ、6種類から容量を選択できます。本製品の使用には、蒸気ボイラーが必要です。

編集チームのまとめ

農産物加工には業務用の釜が欠かせませんが、加工品を作ることが時間的・精神的負担にならないように、できる限り手間を増やすことなく加工品が製造できるものがおすすめです。自動のものであれば、作業の準備をしてスイッチを押すだけなので、手間がかかりません。

生鮮果実のみならず加工品が売れれば、手間を増やすことなく売上がアップします。見た目に少し問題はあるけれど味は抜群の生鮮果実で加工品を作るなら、農産物加工品に適した業務用釜を見つけましょう。

テスト調理・アフターサービスに対応!
用途で選ぶ業務用釜メーカー2選

25社から厳選!
用途で選ぶ業務用釜メーカー2選
業務用釜メーカー25社の中で、小中規模・大規模な釜を扱っているメーカーの中で最も製品数を取り扱っているメーカー2社をご紹介します。自社の調理内容に合った業務用釜メーカーを確認してみましょう。
小・中規模の
釜を選ぶなら
(10L~500L)
服部工業株式会社
服部工業株式会社
引用元:服部工業公式HP(https://www.hattorikogyo.com/)
  • 釜のラインナップだけでなく内釜の種類も豊富なため、自社の調理に適した釜を導入でき、理想に近い味を再現できる
  • 創業から138年、累計回転釜出荷台数世界No.1※1の実績をもつ、信頼ができる老舗釜メーカー
サポート内容
  • 釜・炊飯器の保証期間2年、修理・保証6ヶ月
  • 全国80社以上と連携し、テクニカル講習を受けているアフターサービスエージェントを配置
テスト調理の
可否

公式HPで服部工業の
汎用性が高い釜を詳しくみる

服部工業の特徴を
もっと詳しくみる

大規模の
釜を選ぶなら
(550L~10,000L)
株式会社カジワラ
株式会社カジワラ
引用元:カジワラ公式HP(https://www.kajiwara.co.jp/)
  • 蒸気+IHの特殊仕様で、チャーハンやあんこ作りに特化した釜や、缶体容積100,000Lの巨大釜を販売
  • 大規模な機械化を得意とし、生産ラインのご相談からメンテナンスまで一貫して依頼できる
サポート内容
  • 定期的にメンテナンス教室を実施し、機械の修理方法などをレクチャー
  • 全国9カ所に事業所あり
テスト調理の
可否

公式HPでカジワラの
大型釜を詳しくみる

カジワラの特徴を
もっと詳しくみる

※1 2023年12月25日調査時点
参照元:服部工業公式HP(https://www.hattorikogyo.com/business/chubo.html)

※選定基準
2023年12月25日時点で「業務用釜メーカー」で検索した際、上位19社を調査し、各規模で最も多い会社を選出
・小・中規模…服部工業 小中規模向けの製品のHPでの掲載数が最も多い
・大規模…カジワラ 最も容積の多い釜を扱っており、大規模向けの製品のHPでの掲載数が最も多い