大量調理を自動化したい企業のための業務用釜専門メディア「釜専」

医療・福祉業界で使える業務用釜の事例

医療・福祉業界では、多くの人に食事を提供する機会の多いことが特徴的です。すべて人間の手で調理していると、手間ばかりかかり、効率的とはいえません。そこで活用できるのが、業務用の大きな釜です。一度にたくさんの食事が作れば、調理回数が減り時間や労力も節約できます。

ここでは、医療や福祉業界に欠かせない調理釜について、メーカー製品の事例を紹介するとともに、どのような釜が必要かも同時に解説していきます。医療・福祉業界で使える調理釜をお探しの方はチェックしてください。

医療・福祉業界にはどんな釜が必要?

医療や福祉業界では、たくさんの食材を調理できる釜が必要です。一度に主菜と副菜を作らなくてはならないときでも、業務用の釜ならスムーズでスピーディーに調理できます。

医療・福祉業界の導入事例

医療や福祉業界では一度に多くの人に食事を提供する機会がありますが、すべてを手作りで行うのは大変です。そこで業務用の調理釜の導入を検討しましょう。さまざまなメーカーの業務用釜を比較しながら、より使い勝手の良い釜を見つけてください。

日本給食設備株式会社(電気回転釜CSK-S型)

農産物加工業界の導入事例1
引用元:日本給食設備株式会社公式HP(https://www.nikkyu.co.jp/products/index.php/item?cell003=熱機器&cell004=回転釜(ガス・蒸気・電気・IH)&label=1&page=2&name=電気回転釜+CSK-S型&id=155)

製品の詳細

製品名 電気回転釜CSK-S型
品番 CSK-50S・80S・100S・150S・200S・300S・400S
寸法 幅1190mm×奥930mm×高さ850mm~幅2280mm×奥1450mm×高さ1100mm
熱源 電気
容量 50L・80L・100L・150L・200L・300L・400L
用途 煮込み、炒め物、ボイルなど

参照元:日本給食設備株式会社公式HP(https://www.nikkyu.co.jp/products/index.php/item?cell003=熱機器&cell004=回転釜(ガス・蒸気・電気・IH)&label=1&page=2&name=電気回転釜+CSK-S型&id=155

製品の特徴

煮込み料理から炒め物、ボイルなどさまざまな調理が可能なマルチ電気回転釜です。電気式なので排熱が少なく、厨房が熱くなりにくいのが特徴です。また火力はボリューム式で調節でき、誰にでもわかりやすいデジタル表示。手入れも簡単で扱いやすいのが特徴的です。

日本給食設備株式会社(電気スープケトルNSK-HD型)

農産物加工業界の導入事例1
引用元:日本給食設備株式会社公式HP(https://www.nikkyu.co.jp/products/index.php/item?cell003=熱機器&cell004=電気スープケトル&label=1&name=電気スープケトル+NSK-HD型&id=161)

製品の詳細

製品名 電気スープケトルNSK-HD型
品番 NSK-20H・NSK-40HD・NSK-75HD・NSK-115HD・NSK-150HD
寸法 幅540mm×奥485mm×高さ570mm~幅1310mm×奥1150mm×高さ1000mm
熱源 電気
容量 18L・40L・75L・115L・150L
用途 スープ・おかゆ・ソース・煮込み

参照元:日本給食設備株式会社公式HP(https://www.nikkyu.co.jp/products/index.php/item?cell003=熱機器&cell004=電気スープケトル&label=1&name=電気スープケトル+NSK-HD型&id=161

製品の特徴

内釜・外釜の二重構造により、加圧された蒸気で加熱する間接加熱方式です。食品の焦げ付きができにくく、型崩れもしにくいのが特徴です。操作が簡単なので、調理担当者が変わっても均一の仕上がりを叶えられます。スープやおかゆなどの大量調理、ソース類や各種煮込みにもおすすめです。

編集チームのまとめ

医療や福祉業界で使用する場合は、失敗することなく一度に大量に料理を作れる釜が必要です。また日によって調理をする人が異なるため、誰でも操作しやすい業務用の釜であれば、仕上がりのばらつきもありません

テスト調理・アフターサービスに対応!
用途で選ぶ業務用釜メーカー2選

25社から厳選!
用途で選ぶ業務用釜メーカー2選
業務用釜メーカー25社の中で、小中規模・大規模な釜を扱っているメーカーの中で最も製品数を取り扱っているメーカー2社をご紹介します。自社の調理内容に合った業務用釜メーカーを確認してみましょう。
小・中規模の
釜を選ぶなら
(10L~500L)
服部工業株式会社
服部工業株式会社
引用元:服部工業公式HP(https://www.hattorikogyo.com/)
  • 釜のラインナップだけでなく内釜の種類も豊富なため、自社の調理に適した釜を導入でき、理想に近い味を再現できる
  • 創業から138年、累計回転釜出荷台数世界No.1※1の実績をもつ、信頼ができる老舗釜メーカー
サポート内容
  • 釜・炊飯器の保証期間2年、修理・保証6ヶ月
  • 全国80社以上と連携し、テクニカル講習を受けているアフターサービスエージェントを配置
テスト調理の
可否

公式HPで服部工業の
汎用性が高い釜を詳しくみる

服部工業の特徴を
もっと詳しくみる

大規模の
釜を選ぶなら
(550L~10,000L)
株式会社カジワラ
株式会社カジワラ
引用元:カジワラ公式HP(https://www.kajiwara.co.jp/)
  • 蒸気+IHの特殊仕様で、チャーハンやあんこ作りに特化した釜や、缶体容積100,000Lの巨大釜を販売
  • 大規模な機械化を得意とし、生産ラインのご相談からメンテナンスまで一貫して依頼できる
サポート内容
  • 定期的にメンテナンス教室を実施し、機械の修理方法などをレクチャー
  • 全国9カ所に事業所あり
テスト調理の
可否

公式HPでカジワラの
大型釜を詳しくみる

カジワラの特徴を
もっと詳しくみる

※1 2023年12月25日調査時点
参照元:服部工業公式HP(https://www.hattorikogyo.com/business/chubo.html)

※選定基準
2023年12月25日時点で「業務用釜メーカー」で検索した際、上位19社を調査し、各規模で最も多い会社を選出
・小・中規模…服部工業 小中規模向けの製品のHPでの掲載数が最も多い
・大規模…カジワラ 最も容積の多い釜を扱っており、大規模向けの製品のHPでの掲載数が最も多い