大量調理を自動化したい企業のための業務用釜専門メディア「釜専」

食品加工業界で使える業務用釜の事例

スナック菓子やレトルト・冷凍食品など、さまざまな食品を手がける食品加工業界。食品の製造にあたって、各調理に対応した機器の導入が不可欠です。業務用の回転釜は複数の調理に対応できるため、調理機器の導入コスト削減や調理作業の効率化に繋がる可能性があります。

このページでは、業務用釜の導入事例や、食品加工業界における釜の選び方について説明しています。食品加工企業で業務用回転釜の導入を検討している場合は、ご活用ください。

食品加工業界にはどんな釜が必要?

一口に業務用釜といっても、さまざまな種類があります。内釜の材質によって調理の向き不向きが変わるため、自社が製造・加工する食品に合わせて業務用釜を選ぶ必要があります

例えばアルミ製の内釜の場合、煮物や汁物などの煮炊きに適しています。一方で融点が低いため、炒め物を作ると空焚きが起こり、釜を傷める可能性があります。他の材質も同様で、得意とする調理方法が異なります。

どの釜が適切なのか迷った際は、ステンレス製の内釜がおすすめです。ステンレスは腐食に強く、耐久性が高いメリットがあります。得意な調理方法も幅広く、煮物や汁物、茹で物、蒸し物まで対応できます。炒め物は焦げ付く場合がありますが、それ以外の多種多様な調理方法に対応可能です。

食品加工業界の導入事例

当サイトで紹介している業務用釜メーカの中から、食品加工業界で使える釜・撹拌機のレシピ動画や導入実績を公式HPに掲載している企業を紹介します。食品加工業界で回転釜の導入を検討している場合は、参考にしてください。

服部工業株式会社(タッチ式 HEK-VP)

服部工業の電気回転釜の画像
引用元:服部工業公式HP(https://www.hattorikogyo.com/product_search/jidotairyochori/item_2)

製品の詳細

製品名 タッチ式 HEK-VP
品番 HEK-VP40・60・80・100・150・200・300
寸法 幅:1044~1560mm、奥:957~1148mm、高:1576~2110mm
熱源 電気
容量 40~300L
用途 煮物、汁物、スープ、茹で物、お湯沸かし、カスタードクリーム、イチゴジャム、あんこ、求肥、ホイップクリーム、クッキー生地、生チョコ

参照元:服部工業公式HP(https://www.hattorikogyo.com/product_search/jidotairyochori/item_2)
服部工業公式YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=gFQEsX_-Xtw
https://www.youtube.com/watch?v=gZimx1yVJA8
https://www.youtube.com/watch?v=xOEDMdoTkII
https://www.youtube.com/watch?v=OeDYBEDLXuc
https://www.youtube.com/watch?v=vW0QB7CuqlA
https://www.youtube.com/watch?v=EblkkX5WFQk

引用元:服部工業公式YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=wTFFuQc_mRc

製品の特徴

ヴェスタ HEK-VPは、タッチパネルで攪拌スピードや回転方向を設定できる電気式の回転釜です。攪拌プログラムやタイマー機能を利用して事前にメニューの設定することで、調理を自動で完成させることが可能です。タッチパネルで温度や時間を簡単に設定でき、9つの攪拌プログラムを搭載しているため、完全自動調理を叶えることができます。ヴェスタ HEK-VPは、HACCPに対応しており、温度管理なのど調理データをUSBで出力することもできるため、衛生面においても安心です。

服部工業株式会社(自動大量調理機 GFH)

中井機械工業のアームミキサーの画像
引用元:服部工業公式HP(https://www.hattorikogyo.com/product_search/jidotairyochori/item_7)

製品の詳細

製品名 人混型攪拌ガス調理機 GFH
品番 GFH-63(固定釜)・72(固定釜)・95(回転釜)・140(回転釜)
寸法 幅:747~1,380mm、奥:910~1,120mm、高:1,870~2,480mm
熱源 ガス、電気
容量 63~140L
用途 煮物、炒め物、ジャム、ソース、あんこ、あえ物
参照元:服部工業公式HP(https://www.hattorikogyo.com/product_search/jidotairyochori/item_7

製品の特徴

固定釜タイプと回転釜タイプの2種類があり、どちらも省スペースで設置が可能です。 人が混ぜているかのような、優しく空気を取り込みながらの攪拌が特徴です。 プロペラ式撹拌機では、これまで難しいとされていた少量の攪拌調理も可能となっています。

服部工業株式会社のサポート内容

6箇所に営業所を設置

本社は愛知県岡崎市で、営業拠点は札幌・仙台・東京・大阪・福岡の6箇所です。全国各地、依頼を受ければ、近くの営業所で迅速に対応できる体制を整えています。

全員本社工場と給食センターで研修を実施

全国の営業担当者は全員、本社工場や休職センターで研修を受けています。「現場を理解できるから依頼者の悩みに寄り添える」という会社の考え方に基づいた方針です。

ASAネットワークを構築

ASAネットワークは、アフターサービスエージェントの略称です。製品のテクニカル講習をはじめ、サービスやトレーニングを積んだ厨房機器の専門スタッフが在籍しています。

服部工業株式会社のアフターサポート

初期不良はもちろん、製品に問題があれば無償修理対応を実施。釜・炊飯機器について2年の保証期間を設けています。

服部工業株式会社の修理保証

釜・炊飯器は6ヵ月の修理保証を設けています。6ヶ月以内に修理して、再度同じ箇所で問題が生じた場合は無償で修理してもらえます。

中井機械工業株式会社(アームミキサー)

中井機械工業のアームミキサーの画像
引用元:中井機械工業公式HP(https://www.nkm.co.jp/products/13272/)

製品の詳細

製品名 アームミキサー
品番 AWA-60・100・200・300、AWD-60・100・200・300
寸法 幅:930~1,600mm、奥:1,100~1,700mm、高:1,300~1,800mm
熱源 電気
容量 42〜210L
用途 煎餅、クッキー、パン、ポテトサラダ、ハンバーグ、お好み焼き、肉まんなど

参照元:中井機械工業公式HP(https://www.nkm.co.jp/products/13272/

製品の特徴

アームミキサーは、自動撹拌が可能な調理機器です。ソフトタッチによるミキシングが特徴で、具材を潰さないため、ポテトサラダの作成にも対応しています。他にもハンバーグや肉まんなどの惣菜からクッキーやパイ生地など製菓まで、さまざまな食品の製造加工に利用できます。

製品は大別してAWAとAWDがあります。AWAはタンク台車型で、取り外しが可能な製品です。一方のAWDはタンク傾倒型で、タンクを傾倒させて加工した食品を取り出すことが可能です。いずれも熱源は電気を利用しており、容量は42~210Lまでラインナップされています。

中井機械工業株式会社のサポート内容

アフターサポートは、電話やメールで受け付けています。営業時間は平日月曜日~金曜日の8:15~17:00です。専用問い合わせフォームで問い合わせると、平日営業時間内に返信してもらえます。

その他業務用釜以外の機器

食品用として使える機器には、業務用釜以外の機器も多数あります。ミキサーをはじめ、どんな機器があるかぜひチェックしてみてください。

マルチSミキサー(S0~S2シリーズ)

コンパクトサイズで使い勝手がいい撹拌機です。シングルメカ、Wメカ、ドライメカに簡易脱着構造タイプがあります。メカニカルシールを交換する際のメンテナンス性も高いのが特徴です。シールはシングルメカ、Wメカ、ドライメカの他、オープン、グランドパッキンなども用意しています。

自動設計プログラムや、生産システムの見直しによりコストダウンに対応。高効率形インペラや高信頼性ギヤを採用し、寿命の長さと静粛性も備えています。

マルチSミキサー(S3~S9シリーズ)

撹拌機の小型化を実現した製品です。部品を共通化することでコストダウンを実現。回転数とモータ出力の組み合わせにより17段階調整できます。撹拌ニーズに柔軟に対応できるのがポイントです。

市販のモニターも取り付けられますし、オプションでドライウェル構造も選べるため環境保全という面からもメリットがあります。メンテナンス性の高さと、高性能インペラであるスーパーミックスも選べるのが強みです。現場ユーザーの声も反映し、軸封部のオイル漏れ予防や使用量の削減やメンテナンスのしやすさなどの工夫が詰め込まれています。

マイクロミックス

撹拌・混合機で、真空、加熱、冷却もできるのが特徴です。トリプル回転のため、撹拌と混合作業を効率的に行えます。接着式、非接着式の2タイプの臼と杵先です。

スーパーマイクロミックス BC1は、高価な原料による少量の混合・ペースト化テストの研究開発用です。ステンレス球体内部を完全密閉し、外部影響を避けながら効率的なペースト化ができます。

大型食品用ミキサー

タブ本体や原料が触れる部分にステンレスを採用することで、衛生性と耐久性を確保しました。構造的にも洗浄性の高い高効率ミキサーです。正転や逆転も切り替えられて、撹拌時間やスピードまで設定できる柔軟性があります。

二軸オーバーラップパドルミキシングを採用することで、ムラのない短時間処理が可能です。厳しい製造現場環境でも対応でき、多種多様な食材のミキシングもできます。食材や希望に応じた特注パドルの制作依頼も可能です。容量20キロからの小型ミキサーも用意してもらえます。

IH式大型炒め機チャーカン

IHですがガス直火に負けない高火力です。鍋形状に合ったIHコイル形状で、鍋表面の温度分布を均一化できます。鍋底の温度や、品温までコントロールできるのが強みです。チャーハンならあおり撹拌、やきそばならかき混ぜ撹拌ができるなど用途に合わせられます。

タッチパネルを標準搭載しているのもポイントです。20品目もプログラム登録できます。撹拌のスピードや火力や温度を自動でコントロールするため、材料を入れればいつでも同じ味を再現できるのです。

横型ミキサー・一軸式SMシリーズ

100L~5000Lまで対応できます。強力な撹拌で混ぜ合わせても素材の風味を損ないません。短時間で混ぜられるため、作業効率化をサポートしてくれます。クッキー生地や味噌や餃子のような練物をはじめ、粉体、薬品、化粧品など食品以外の混合も可能です。

撹拌速度も簡単に調整できます。商品に合わせた羽も選択でき、ハンドル転倒、自動転倒、偏心転倒などがあるのもポイントです。撹拌羽や軸シール部は、工具を使わず分解と洗浄ができます。タンクにジャケットを付けることで、原料の撹拌中でも加速や保温や冷却が可能です。

横型ミキサー・二軸式FDMシリーズ

餃子やハンバーグ、和え物やサラダや塩辛や珍味までさまざまな原料を撹拌できます。ボリュームスイッチは数値化されているため、撹拌速度を任意で調整できるのもポイントです。ハンドル転倒式、自動転倒式、偏心転倒タイプなどのタンク転倒方式を用意できます。

サンドボックス式は、タンク層の異物混入をなくす仕様のタイプもあります。拡散羽や軸シール部も、工具不要で分解と洗浄ができるため、衛生面での不安もなくなるでしょう。タンクを脱着できるタイプもあります。タンクにジャケットをつければ、撹拌しながら加温や保温や冷却まで可能です。

加熱撹拌機(マルチクッカー)ガス式・IH式

焦げないガス火床で加熱しながら混ぜられます。火床には特殊セラミックの内筒があり、燃焼ガスの流れを整流できるのがポイントです。鍋表面の温度分布を均一化でき、集中排気で、機体本体も熱くなり過ぎません。

ガス直下にも負けない高火力のIH火床は銅鍋にも対応できます。自転、公転方式による撹拌もでき、スピード調整もボリュームスイッチで簡単調整可能です。タッチパネル操作により火力調整や撹拌速度の調整もでき、誰でも工程を再現できます。45L、65L、90L、190Lなど各種サイズを用意しています。

編集チームのまとめ

食品加工で業務用釜を導入する場合は、内釜の材質をしっかりチェックして選びましょう。ステンレス製の内釜は対応できる調理方法が多く、高い耐腐食性・耐久性があります。迷った際はステンレス製を選ぶことがおすすめです。

ただし、製品によって熱源や容量、対応できる調理方法が異なります。メーカーに相談し、自社の食品加工に適した釜を選びましょう。

当サイトでは全25社の中から、テスト調理・アフターサービスに対応している釜メーカーを目的別で紹介しています。業務用釜メーカーの導入を検討しているのであれば、自社の目的に合わせて業務用釜メーカーを選びましょう。

テスト調理・アフターサービスに対応!
用途で選ぶ業務用釜メーカー2選

25社から厳選!
用途で選ぶ業務用釜メーカー2選
業務用釜メーカー25社の中で、小中規模・大規模な釜を扱っているメーカーの中で最も製品数を取り扱っているメーカー2社をご紹介します。自社の調理内容に合った業務用釜メーカーを確認してみましょう。
小・中規模の
釜を選ぶなら
(10L~500L)
服部工業株式会社
服部工業株式会社
引用元:服部工業公式HP(https://www.hattorikogyo.com/)
  • 釜のラインナップだけでなく内釜の種類も豊富なため、自社の調理に適した釜を導入でき、理想に近い味を再現できる
  • 創業から138年、累計回転釜出荷台数世界No.1※1の実績をもつ、信頼ができる老舗釜メーカー
サポート内容
  • 釜・炊飯器の保証期間2年、修理・保証6ヶ月
  • 全国80社以上と連携し、テクニカル講習を受けているアフターサービスエージェントを配置
テスト調理の
可否

公式HPで服部工業の
汎用性が高い釜を詳しくみる

服部工業の特徴を
もっと詳しくみる

大規模の
釜を選ぶなら
(550L~10,000L)
株式会社カジワラ
株式会社カジワラ
引用元:カジワラ公式HP(https://www.kajiwara.co.jp/)
  • 蒸気+IHの特殊仕様で、チャーハンやあんこ作りに特化した釜や、缶体容積100,000Lの巨大釜を販売
  • 大規模な機械化を得意とし、生産ラインのご相談からメンテナンスまで一貫して依頼できる
サポート内容
  • 定期的にメンテナンス教室を実施し、機械の修理方法などをレクチャー
  • 全国9カ所に事業所あり
テスト調理の
可否

公式HPでカジワラの
大型釜を詳しくみる

カジワラの特徴を
もっと詳しくみる

※1 2023年12月25日調査時点
参照元:服部工業公式HP(https://www.hattorikogyo.com/business/chubo.html)

※選定基準
2023年12月25日時点で「業務用釜メーカー」で検索した際、上位19社を調査し、各規模で最も多い会社を選出
・小・中規模…服部工業 小中規模向けの製品のHPでの掲載数が最も多い
・大規模…カジワラ 最も容積の多い釜を扱っており、大規模向けの製品のHPでの掲載数が最も多い